NEWS・BLOG

NEWS・BLOG

category
髪知識
day
2021/11/09

意外と知らない!?薄毛や白髪対策には「睡眠が大切!」睡眠の質の上げ方

睡眠の質を上げて美髪を手に入れるために気をつけるコト




大阪府羽曳野市で大人の白髪やうねり、薄毛のお悩みに応える美容室LUCEです。

今日は睡眠のお話しです。

美髪を作る時も、エイジングヘアケアをする時もお客様に必ずアドバイスするのが『睡眠』です。
東洋医学では『血余』と呼ばれているのが髪の毛です。
体を大切にすることが美髪や髪の悩み解決につながります。



睡眠と髪の毛

極度の睡眠不足は体にとって良いことはありません。
体力がなくなり臓器にまで悪い影響があります。

自律神経のバランスが崩れて皮脂の分泌が増えるということもわかっています。
皮脂の分泌が増えることで肌荒れの原因になり毛髪のとっても良くないです。

また、良好な睡眠を取ることで成長ホルモンがしっかりと分泌されます。
その成長ホルモンのおかげで髪の毛はしっかりと丈夫になっていきます。

毎日の睡眠の大切さがわかりますね!


では、寝る前の過ごし方、寝方を勉強していきましょう!



寝る前の過ごし方

寝方だけでなく『寝る前の過ごし方』から注意していきましょう。
寝る前には強い光を浴びないことが重要です。
人は暗さを感知すると副交感神経が働き体が寝る準備を始めるんです。

同時に脳からはメラトニンというホルモンが分泌。
メラトニンが自然な眠気を誘ってくれるためとっても大切です。



スマホやタブレット

スマホやタブレットは強い光のためメラトニンの分泌量を減らしてしまうため注意が必要です。
テレビやパソコンも同じなので気をつけましょう。
寝る時間の前には、部屋の照明を間接照明にするなどして読書などに変える事をお勧めします。



入浴

実は良くないのが寝る直前の入浴です。
入浴は交感神経が働くため寝付きを悪くします。
寝る2時間前には入浴を済ませておくのが理想的です。
寝るまでの時間の過ごし方、準備時間はとても大切なのがわかりますね。



起きる時間

自然な眠気を誘ってくれるメラトニンは朝の光を浴びた14〜16時間後に分泌が始まります。
なので起きる時間を一定にすることは規則正しい生活にとって大切なことです。
起きたら窓を開け朝日を浴びましょう!
幸せホルモンと言われるセロトニンも分泌さされるし、消化活動やホルモンの分泌などもスムーズになります。



寝溜め

寝溜めも侮れません。
寝溜めによっていつもの睡眠ペースが崩れると体が時差ボケ状態になるので体内時計がずれてしまいなかなか戻せなくなります。


 

良い髪は、良い睡眠から・・・

睡眠の質が薄毛や白髪などにまで関係してくる。
意外と知らない事実です。

良い髪は良い睡眠から、良い睡眠は素敵な夜を過ごすことから。
ご自身の体のために、夜の過ごし方にこだわってみてはいかがでしょうか?

 

LUCEのホームページはこちらから
ネット予約はこちらから